株式会社ニコン 次世代プロジェクト本部|Japan

付加加工

新たなものづくり手法の提案

製造現場で活躍する3Dプリンター。これまでは樹脂を用いたものが中心でしたが、金属を用いた付加加工も徐々に活用されるようになり、金属3Dプリンターの導入に向けた動きが高まっています。このような環境の中、ニコンは独自開発のLMD方式の金属3Dプリンターを用いて、金属での付加加工を試してみたいお客様、金属3Dプリンターの導入を検討しているお客様に、受託加工サービスを提供します。

概要

付加加工付加加工
光による自由自在なものづくり
ニコンは「光を工具に、光を目に」をコンセプトとし、レーザーによる付加加工を実現しました。ニコンの金属3Dプリンターの特長を説明します。
詳細を見る

加工事例

他のソリューションを見る