株式会社ニコン 次世代プロジェクト本部|Japan

タービンブレード

たーびんぶれーど
Turbine blade
タービンブレードとは、航空機エンジンや発電機に使用されるガスタービン、蒸気タービンのタービン部を構成する羽根状の部品のことです。ローター(翼車)に組み込まれて回転する動翼と、ケーシング(車室)に組み込まれて回転しない静翼の2種類に分類され、いずれも複数の段で構成されています。本体のサイズにもよりますが、1台のタービンに数百枚のブレードが組み込まれています。
エンジンや発電機は蒸気やガスをタービンブレードに吹き付けることでローターを回し、動力に変換するため、タービンブレードは性能や燃費を決める非常に重要な部品となります。また、高温、高圧に長時間さらされるため劣化が起きやすく、定期的なメンテナンスが必要です。

関連ソリューション

関連事例を見る