株式会社ニコン 次世代プロジェクト本部|Japan

リブレット加工

微細構造によるエネルギー利用効率の向上

リブレットとは、サメの肌をモチーフにした人工的な微細構造のことを指します。空気や水と接する面に微細な三角凸の構造が付与されることで摩擦抵抗が減少することが広く知られています。ニコンは独自のレーザー加工技術を活用し、リブレットと呼ばれる微細構造を様々な製品に施すことで機器のエネルギーロスを減らし、燃費の向上やCO2の削減などの効果を提供しています。

概要

リブレット加工リブレット加工
リブレット解析/加工
流体の摩擦抵抗を低減すると言われるリブレット。その構造および効用をご紹介します。
詳細を見る

他のソリューションを見る